当社は、動力伝動機器の設計、生産技術の開発、製造まで一貫した製品づくりに取り組んでいます。
お客様との対話を重ね、歴年の経験と技術をさらに高めながら、使い勝手のよいオーダーメイドの製品をお届けするために
-Y's Future-
独特の技術を誇り、時代のニーズに応える高品質の製品を供給することで社会に貢献するワイジーテックは、遊星減速機、ヘリカル減速機 といった減速機の製造においては、業界有数の設計力、生産力を誇っています。

工場、設備等、一部ご紹介いたします。

工場

設備

ギヤシェーパー

内歯車、外歯車の加工。
歯車形状に類似した形を持つ刃物が、歯車材とかみ合うようにお互いが同期して回転運動し、さらに刃物の上下往復運動による切削加工。

ホブ盤

外歯車の加工。
ネジ歯車の噛み合いを利用した加工方法。
刃物(ホブ)の自転と歯車材の自転運動によりかみ合った状態で加工される。
加工効率の高い歯切り方法。

歯形測定機

歯形測定、歯スジ測定、ピッチ測定など。
歯車のデータを測定します。
歯車の精度は、歯車の寿命や歯面との接触による音などに影響してきます。

NC旋盤

円筒面、中ぐり、穴あけ、ネジ切り、突っ切りなど。
被切削物の回転を切削の主運動とし、刃物の直線運動を送り運動として、削り出す加工。

立形マシニングセンター

フライス、中ぐり、穴あけ、ネジたてなどの加工。
刃物の回転運動を切削の主運動とし、被切削物の直線運動を送り運動として削り出す加工。
主軸が縦方向に配置されている。
NC制御され、工具の自動交換が可能。

平面研削盤

平面の研磨加工。
マグネットチャックで被切削物固定。
砥石の回転運動を主運動とし、テーブルの往復運動と被切削物への送り運動による、平面形状を作り出す加工。

円筒研削盤

円筒面の研磨加工。
砥石の回転運動を切削の主運動とし、被切削物の回転運動、左右方向の送り運動(トラバース研削)、左右方向の送り運動を与えない加工(プランジ研削)の2つの加工。
あらかじめ旋盤加工で研磨代を残し、円筒研磨にて仕上げ加工をする。

内円筒面研削盤

内円筒面の研磨加工。
砥石の回転運動を主運動とし、被切削物の回転運動と左右方向への往復運動を送り運動として、主に円筒形などの軸対称な部品の中心の穴の内面を仕上げる加工。
あらかじめ旋盤加工で研磨代をのこし、内円筒面研磨にて仕上げ加工をする。